あぁビールが飲みたい!無添加、安心、ビーフ・トパ


商品へのこだわり

ビーフ・トパは、乳肉に使われているブラウンスイス牛を使って作っています。添加物をほとんど使っていないこだわりの調味料を使い、ブラウンスイス牛のおいしさを目一杯、引き出した安心のおつまみです。

価格よりも、安心、安全、おいしさを優先し、ステーキ用の肉を贅沢に使用しました。調味料にゆっくりと浸し、燻製も中温でじっくり、たっぷり桜チップの薫りを浴びた商品に仕上げてあります。薄くスライスし、普通のジャーキーよりソフトで口の中で噛めば噛むほど肉のうまみが広がります。

使用しているこだわりの調味料

 

醤油

慶応3年創業、井上醤油店(島根県奥出雲町)特製。国産丸大豆、国産小麦使用、添加物不使用。

味醂

国産米(無農薬栽培)、米麹、本格焼酎だけを原料にした三州三河みりん。米麹も焼酎も自家製。添加物を一切使用しない昔ながらの純天然醸造。

石垣島の珊瑚礁に育まれたミネラル豊富な海水を原料とし、低温乾燥で造った塩。

グラニュー糖

国産の十勝ビート(砂糖大根)を使用。



”ビーフ・トパ”の良さを知ってもらうために、地道に販促活動してます。

ジャーキーよりもソフト!だから「ビーフ・トパ」

 

  • ストレスの少ない環境で育てた自前のブラウンスイス牛を使っています。
  • 安全で美味しいモノを届けたいから、保存料、添加物は一切不使用です。
  • 何度も何度も試作を繰り返し、たどり着いたセミハードの程よい口当たり。
  • 桜チップの香りが広がり、噛めば噛むほど肉の旨みが口一杯に広がります。
  • ジャーキーには使わないステーキ肉を贅沢に使って作ってます。

2017年2月11日(土)

とかちプラザで開催されました「ふんわりまるしぇ」に参加しました。

 地元の皆さんのほか、本州から来られた方々にビーフ・トパや精肉の直売をしました。 

 

 

 


2016年11月25日(金)

札幌で開催されました「新商品・新技術プレゼン会」(北海道中小企業総合支援センター主催)に参加しました。食品メーカー、商社、バイヤー、飲食業者、食品卸業者など方々に、「ビーフ・トバ」をご紹介しました。 

 


2016年11月19日(土)

とかちプラザで開催されました第10回食育フェスティバルに参加しました。

 地元十勝の皆さんに、ビーフ・トバの直売をしました。 

 

 

 


2016年9月16日(金)

日本農業新聞の北海道版に掲載されました。

「ブラウンスイス種の肉活用」

ビーフ・トパ発売放牧で育て 自然の味に

 

記事をクリックすると拡大します。

 

 


2016年8月28日(日)

地元十勝毎日新聞に掲載されました。

 

写真をクリックすると記事をご覧になれます。 

 

 


2016年8月20日(土)

フーズバラエティすぎはらさんで、試食販売をしました!

あいにくの大雨でしたが、多くの皆さんにお買い上げ頂きました。店長のFacebookにも取り上げて頂き、感謝してます。